All Across the Country, Athletes Are Fueling a Debate About How America Defines Patriotism

全米各地で、スポーツ選手がアメリカの愛国心の定義についての議論を煽っている

出典: TIME

2016年8月26日に行われたプレシーズンマッチで試合前の国歌斉唱でベンチに座ったまま立ち上がらず、起立を拒否した。「黒人や有色人種への差別がまかり通る国に敬意は払えない」と理由を述べ、人種差別への抗議であるとした。それらはTwitterにも投稿されて物議を醸し、「さらにファンになった」という声もあれば、「チームや競技に対して失礼」との批判も飛び交った。チームは「宗教や表現の自由をうたう米国の精神に基づき、個人が国歌演奏に参加するかしないか選択する権利を認める」と同選手の決断を尊重するとの声明を発表した。NFLは声明で、演奏中に選手たちが起立することを奨励するが強制ではないと指摘した。

この不起立について、アメリカでは人種によって、支持と不支持の割合が大きく異なるとされる。イギリスの調査会社YouGov(英語版)の調査によると、全体では国歌斉唱時に起立しなかったことに賛成しているのは29%にとどまり、69%が反対だった。しかし、黒人に限ると72%がキャパニックの抗議に賛成する一方、反対は19%となった。

2018年5月には、NFLは選手会の反対を押し切り、国歌斉唱時の起立を事実上義務化したが、ジョージ・フロイドの死により火が点いた人種差別に対する抗議運動の高まりの中、2020年6月5日、ロジャー・グッデルコミッショナーは、方針を転換し、「かつて私たちがNFL選手の言葉を聞かなかったのは間違っていた。我々は、全ての人が発言し平和的に抗議することを応援します」とツイートし、人種差別や警察の暴力に抗議する選手たちを支持しなかったことを謝罪し、キャパニックの行動は正当化された。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NFL apologizes for ‘not listening’ to players about racism as Colin Kaepernick remains unsigned

人種差別について「選手の話を聞かなかった」と、いまだ未契約のコリン・ケパーニックへNFLが謝罪

出典: abcNEWS